沖縄の食文化 ~チキナー~

  • 2017-1-25

 

こんにちは!
リキッドブルーのまこっちゃんです(^^♪

 

沖縄には、『 チキナー 』という
野菜を加工する食文化があります!

沖縄の人には聞きなれた言葉ですが、
県外の方には、「チキナー・・・なにそれ?」と
はてなマークが頭の中に思い浮かんでくるかと思います!

簡単にいうと、 野菜を塩漬けしたもの 』 です!
『漬けた』 → 『チキナー』 と言うわけです(笑)

 

暑い気候の中、野菜が悪くなるのも早い・・・
野菜を長持ちさせるため塩につけた・・・という説があります。

 

 

漬ける野菜は、白菜や大根の葉など様々ですが、
沖縄で『チキナー』といえば、
「からしな」という野菜を漬けた物が主流です(#^^#)

chikina

カラシナは、沖縄では「しまなー」とも呼ばれ、
アブラナの一種で、高菜もその中の一種となります!
種から和からしが作られますが、
沖縄では、カラシナの葉を食べる文化があります(#^^#)

和からしの葉とあって、高菜より辛味と香りがつよく、
ピリッとした辛さが後をひき、癖になります!

こ沖縄では、のカラシナを、「チキナー」(塩漬け)にして、
「チキナーチャンプルー」を作ってよく食べるのです(#^^#)

では、その「チキナー」・・・どのように作るかというと、

chikina11

まずは、カラシナを刻んで・・・

chikina9 chikina10

塩を入れ、揉むだけです!!

まこっちゃん家では、袋に入れ、空気を抜いた半真空状態で、
冷蔵庫で保存しています(#^^#)

chikina7

このまま1週間ぐらい持ちます!!
最高の保存食です(#^^#)

このままアツアツのご飯に混ぜても美味しいですが、

やっぱり「チキナーチャンプルー」が一番ですかね(#^^#)
「チキナーチャンプルー」の作り方はまた後日ご紹介しますね!!

 

 

Instagram

☆リキッドブルーインスタグラム☆

Facebook にシェア
Pocket
LINEで送る

お申し込み

カメラ無料キャンペーン

真栄田岬へのアクセス

Blog

ツアー

  • 体験ダイビング
  • 青の洞窟 体験ダイビング
  • 珊瑚の海スノーケル
  • 青の洞窟スノーケル
  • キッズダイビング

ご予約電話番号


ネット予約