島豆腐作りを体験 (^-^)

  • 2017-1-16

こんにちは!
リキッドブルーのまこっちゃんです(^^♪

 

沖縄の家庭料理に欠かせない『島豆腐』のお話を
前回させて頂きました(#^^#)

今回は、『島豆腐』作りの体験談をご紹介します(^o^)丿

 

島豆腐作りを体験しに今回訪れたのは、
沖縄の北部、今帰仁村(なきじんそん)にある
『今帰仁の里あいあい手作りファーム』です(#^^#)

toufu1

『あいあい手作りファーム』は、
数年前に廃校になった建物を、そのまま再利用し、
生味噌づくりや無着色ソーセージ作りや天然酵母のパンづくりなどの
農業体験や、親子でキャンプ体験が出来る、自然と触れ合える体験施設です!

toufu2

toufu3

 

校舎の周りには草木が生き生きと育ち、整備された
運動場の跡地には青々と芝生が広がります(#^^#)

toufu4

施設内では、ヤギやニワトリや馬などが飼育され、触れ合う事もできます!

そんな自然あふれる施設で、前回お話した、島豆腐の製法、
『生しぼり製法』を体験してきました!

 

島豆腐は、お豆腐屋さんによって味が違うと言う事もお話しましたが、
今回はその味の違いが生まれるポイントも一緒に探ってみました!

 

味の違い、ポイント1

材料の大豆です。

toufu5

使大豆の産地によって、作られる豆腐の味は大きく変わるそうです!
(今回の体験では、スーパーなどで簡単に手に入る大豆を使用しました。)

 

今回使用した大豆は500グラムです
初めに、この500グラムの大豆を、18時間以上水に浸します

今回は、あいあいファームの方が
事前に浸してくれておいたものを使用しました!

toufu6

浸された大豆は、約2倍程の大きさに膨らみ、
容量も2倍の1,000グラムになります。

 

次に、その1,000グラムの大豆と4リットルの水を、
ミキサーに入れ撹拌し、『呉汁(ごじる)』と呼ばれる
豆腐の元を作っていきます(#^^#)

 

呉汁ができたら、ボールにきめの細かい木綿素材の布を敷き、
流しいれていきます。

toufu7

撹拌された大豆の匂いが、いい香りです(^^♪

 

全部流し入れた後は、木綿素材の布を
巾着袋のようにまとめ、しぼっていきます。

toufu8

これがまた、地味に大変・・・・(>_<)
想像以上に握力を使う力仕事でした(笑)

 

10分程奮闘してできたのが、乳白色の豆乳とおからです。

toufu9

toufu10

 

こうして絞ってできた豆乳を、今度は鍋に移し温めます(^o^)丿

toufu11

ここで、味の違い2つ目のポイントです!

それは温める鍋や地釜です。
温める際、地釜の匂いが豆乳に移り
にがりを入れて固めて出来上がった際の、
豆腐の香りや味わいになるそうです(#^^#) なるほど~♪

 

 

さらにここで、味の違い、3つ目のポイント!

豆乳を温める温度です!
豆乳の成分は、ほとんどがタンパク質です。
タンパク質は熱により大きく変化する為、温度によって、
香りや味わいが変わってくるそうです(#^^#)
あいあいファームでは様々な研究の末、決まった温度が「92度」!

92度になるまで弱火でゆっくり温めます(*´▽`*)

 

豆乳の温度が92度になったら、
ここで「天然のにがり」の登場です(^o^)丿

toufu12

4リットルの豆乳に対し10%のにがりを、木ベラに沿って回し入れます。

toufu13

ここで、味の違い、4つ目のポイントです!

 

にがりをまわし入れる際のスピードや量によって、
味が変わってくる
そうです。

入れている最中その事を聞いたため、
一気に緊張するまこっちゃん・・・・
先に言って~~~(;^ω^)(笑)

入れ終わったら鍋にふたをして、2分程弱火で煮ます。

 

2分後・・・・・・

toufu14

豆乳が固まっています!
この状態が「ゆし豆腐」です。ざる豆腐のようなものですね(#^^#)

 

toufu15

一口食べさせて頂きましたが、これまたうまい~~~!!!!

大豆本来の甘さが口の中いっぱいに広ります(#^^#) 濃厚です!!

 

次は、そのゆし豆腐を、温かいうちに型に流し込み、
豆腐の形に整形していきます!

toufu16

流しいれたら、上から力を加え水分をとっていきます。

toufu19

全体重をかけて押していきます!
先程同様、 これも、結構な力作業です(>_<)

ある程度の水分が出てきたら上から今度は重しをのせて、1時間ほど置きます。

こうして水分を出すと・・・・

simadoufu1

お店で売っているような綺麗な四角い豆腐が出来上がります

 

いろんな工程を重ね苦労して作った豆腐とあって、
使うのがもったいないぐらいです(#^^#)

しかし、出来立てを食べてみると・・・
フワフワで、大豆の香りが何とも言えない味わいです!
普段、買って食べる豆腐より断然うまい~~~(#^^#)

 

自然に触れ合う機会が少なくなった今、
沖縄で大自然の中、島豆腐作り体験をしてみてはいかがでしょうか?

 

ちなみに、豆腐作りが終わった後に残される「おから」は、
あいあいファームで元気よく育っているヤギさん達の餌になりました(#^^#)

 

 

『今帰仁の里あいあい手作りファーム』 ↓

 

 

Instagram
☆リキッドブルーインスタグラム☆

Facebook にシェア
Pocket
LINEで送る

お申し込み

カメラ無料キャンペーン

真栄田岬へのアクセス

Blog

ツアー

  • 体験ダイビング
  • 青の洞窟 体験ダイビング
  • 珊瑚の海スノーケル
  • 青の洞窟スノーケル
  • キッズダイビング

ご予約電話番号


ネット予約